YUU BLOG

男性保育士4年目の日常をお届けいたします。

男性保育士でよかったな〜と思えた点とそうではない点

f:id:muykun:20210316202938j:image

 

こんにちは!私は男性保育士として働いています。

実際働いてみてメリットだなと感じる点や反対にデメリットも自分なりの意見もそえて書いていきます。

 

 

 

 

メリット①ダイナミックな遊びができる。

子どもたちの間で逃走中が流行っていました。

サングラスをつけて追いかける遊びが

こどもにうけており大興奮しながら逃げていました。

 

ハンターになって追いかける。

リアルな姿や走りの再現は男性職員にしかできません。

 

男性にしかできない遊びを探して実行すると

子どもたちにとって特別な存在になります。

「あの先生面白い」「先生好き」と言ってもらえることがなによりも嬉しい。

 

また自らボールの的になりこどもに

投げてもらい倒れこんで「やられた〜」と言って

倒れ込むと子供たちも大興奮してます。

 

また戦いごっこも男の子は大好きで

最近では鬼滅の刃ごっこで鬼役をやらされ

子どもたちにやられまくっています。

「かみなりのこきゅう」「みずのこきゅう」と言ってやっつけられる…。

 

男性保育士は女性保育士と比べて

ダイナミックな遊びができるので

体力が有り余っている特に男の子には大人気です。

 

メリット②力仕事で頼りになる。

運動会やお遊戯会など行事で使う重たい荷物を1人で軽々持ち上げられる。

男性より女性の方が力がありますからね。

 

とても感謝されます。

男性が居てくれてよかったと言ってくれる

先生もいるので嬉しいですね!

 

メリット③保護者(父親)から話しかけられる事が多い。

保育園の送迎はお母さんだけじゃなくお父さんもきます。

そんな時にわからない事や困った事を

女性には言いづらいのか私によく話しかけてれることも多いです。

 

 

メリット④職場の雰囲気向上に一役買う事ができる。

保育士の女性は気が強い人が比較的多い傾向にある!

複数担任だと保育についての意見のぶつかり合いが多くあると感じます。

もちろん場所によります。

女性しかいなくても皆仲良くやっている所もあります。

ですが全ての園がそうではありません。

そこに、男性保育士が一人はいれば職場の雰囲気は大きく変わるでしょう。

f:id:muykun:20210316210827j:image

デメリット①他業種と比べて年収が低い。

ちなみに私は年収実際300万ちょいです。

他業種の友だちの話しを聞くと

自分の給料の低さに落ち込む時もありますね。

 

それに対して日々の書類、年間の全ての行事を

こなす為の準備があります。

日中は保育をしなくてはいけない為

子どもが寝てから作業をしなくてはなりません。

 

現実的に考えて休憩も取れない中で

やらないと終わらないという事もあるのでそこは永遠の課題です…

 

デメリット②肩身が狭い。

これは私も一年目の時は感じました。

子どもたちがお昼寝した後は

先生同士でプライベートの話しも

する事もありますが、会話に入れない事もありました。

今となっては辛かったですね。

 

ですが向こうから話しかけてくれることも多いです。

「最近頑張ってるよね」と言ってくれたる先生もいたり

お菓子をおそそ分けしてくれたり

日頃保育で子どもたちと真摯に向き合っていると

見てくれる人は見てくれます。

 

デメリット③男性専用の更衣室がない。

基本トイレで着替えるか倉庫での着替えになります。

私はジャージで出勤し帰りもジャージなので

着替えの必要もないので、あまり困らないです。

トイレで着替えることに特に抵抗はなく正直慣れます。

 

デメリット④男性保育士を懸念している保護者も中にはいる。

2018年度までの5年間で登録を取り消された

男性保育士22人のうち16人が性犯罪であったと報じられています。

 

ごく一部の人ではありますが

性犯罪で小さな子どもたちが犠牲になってしまった事件があり

必要以上に過敏になっている保護者も中にはいます。

 

新卒で入った園では申し出がでている保護者の子のおむつは

変えないでくれと言われ特定の子は替えませんでした。

 

今の園は理解がある保護者が多く言われたことはないのですが

その時の園で配慮していた事はトイレの個室などで

子どもと一対一にならないようにする。

特に女児が多い。

トイレトレーニングを見守りを女性保育士に任せる。

 

清潔感を整える。

見た目の印象ってめちゃめちゃ大事だと思っています。

 

笑顔で挨拶。子どもの様子などを

話して保護者と信頼関係を築く。

日々の積み重ねで信用を勝ち取る。

まとめ

男性保育士は需要がとてもあり必要としている園は少なくありません。

女性にはできないことを男性ができることも多いです。

感謝されることも多くあり悪いことばかりではありません。

私も男性保育士がもっと増えたらいいなと思っています。

<a