YUU BLOG

男性保育士4年目の日常をお届けいたします。

新人保育士は何歳児が適任かについて、僕も考えてみた

新人保育士さんを救いたい!

 

保育士は、0才児~5才児の未就学児に

保育所保育指針に基いて

子どもを保育していく。

詳しくはこちらのURLを見てほしい。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/1_24.pdf

 

結論から申し上げると

0才児~1才児が適任です。

 

2才~5才になってくると

子どもがどんどん賢くなってくるので

新人保育士さんにありがちなのが

子どもに舐められてしまうということです。

f:id:muykun:20210425171559j:image

言い方が悪いですが

これは仕方のないことです。

 

なぜか

子どもはこの先生になら甘えてもいいやと

いい意味でも悪い意味でも考えます。

2才~だんだんと知恵がついてきます。

 

それと並行して子どもの

できることが増えていくので

子どもたち一人ひとりの良さを

活かした遊びの提供

 

飽きずに集中して遊べる環境づくりや

全体をまとめていく能力が求められます。

 

新人保育士のうちはそれが難しいので

複数担任でまだ活動量も少ない

0才~1才が適任だと考えます。

 

シンプルに先輩保育者の動きを見ながら

じっくり学べる期間があったほうが

新人保育士さんにとって無理せず

仕事ができる環境と言えるのではないか考えます。

保育士は

指導計画、行事準備、制作の準備で

やる事も多いです。

慣れない中1人担任だと

全てこなす必要もあるので

無理はしないでください。

 

いきなり1人担任をやらせる

もしくは2人担任を任せる園は

注意した方がいいです。

3人〜4人担任の複数担任制がmustです。

 

それと複数担任でやると

先輩保育士とコミュニケーションも

とれますしコミュ力を磨くチャンスと

捉える事もできますよ。