YUU BLOG

男性保育士4年目の日常をお届けいたします。

夏の高校野球セカンドベースで野球人生を終える。

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

もう10年も前になります。

私は元高校球児でした。

弱小高でしたが

先輩達が引退してからは

スタメンで試合にも沢山でれて

野球が好きでした。

 

真夏の練習

実際にぶっ倒れるまで

練習に打ち込んでいました。

 

夏の引退試合で6番ファーストで出場。

毎回予選で1回戦で負けてしまうが

私たちの代で初めて一回戦を突破できた。

 

私はノーヒットでしたが

チームは勝てたのでよかった。

 

 

2回戦でチャンスが回ってくる。

4対2

7回裏

2アウト

3塁

打順が回ってきた。

人生の中であれほど

緊張した瞬間は

今生きていてもない。

 

ネクストバッターサークルで

私は珍しく冷静だった。

とにかく1日でもチームのみんなと

野球がしたい

その為には打つ!

絶対に打ってやる!

 

追い込まれた

2ストライク

2ボールからの

5球目

ライナー製の当たりが

レフトまでいき

見事にヒット

ガッツポーズしちゃいました!

 

4対3で9回裏に突入。

2アウトなし

アウトになれば試合終了。

バッターボックスに立ち

1球1球球がよく見えていた。

ゾーンに入るってこういうことか!

今になって思う。

厨二病発動!

 

いい球は逃さず振り

ファールを5球連続してから

ピッチャーのボールが高めに浮き

制球が乱れ四球で一塁ベースで向かう。

まだまだゾーンに入っている。

盗塁してセカンドベースまでいく!

同点のベースを踏みたい!

なんとかしてくれと

セカンドベースで見守る。

2ストライク2ボール

の5球目外角のカーブが

見事に決まってしまい

見逃し三振。

呆然としてセカンドベースでたっていた。

これで私の夏は終わった。

セカンドベースで最後の

野球が終われたのは

今となってはいい思い出だ。

でなければこの記憶は

10年たっても残っていない

感謝です。

ありがとう。