過去の失敗から学んだこと、最後にあなたを救う禅語

過去の経験をざっくりとプロフィールに更新しました。

 

 去年の12月(冬のボーナスで)

今はもうほぼ完済でき(奨学金はまだある)

問題なく毎日を過ごせているので記事にしようかと思います。

 Guy, Man, People, Dark, Shadow, Hands, Sad, Crying

 

保育士を3か月で退職。

21歳~25歳まで挫折。

フリーター生活。奨学金、住民税、滞納。借◯100万。
〇ャンブル、お酒、〇ばこに逃げ鬱を経験。
本当に野球部だったのと

言われるくらいの根暗に成り下がった。
営業職に絞って就職活動をするもフリーター経験から

人事に「社会のお荷物」と言われた一言で目が覚める。
保育士の求人に絞りもう一度保育士として再チャレンジし何とか復活。

結論、これくらいで済んでよかった。

 

その時の自分は自身が無能だと気が付きませんでした。

ひろゆきさんがよく言っている無能であると自覚した方がいいと思うんですよね。

その通りです。

 

ですが自己肯定感が下がるのであまり感じすぎるのはよくないです。

自分は無能であるということを自覚することで

変に自分に期待をしなくなり結果的には楽になりました。

 

自分は成功を夢見ていました。

ギャンブルで収益化する。

本当にそう思っていました。

 

結果金をどんどん失いました。

闇金ウシジマくんにででくる

登場人物みたいな末路になっていたかもしれません。

 

実際大した能力もないのに夢ばかり見るのはやめにしました。

地道に働いて返していくことをにしました。

 

 

保育士に戻ってから最初は上手くいかず

休職したりメンタルクリニックにも通い

まだリボの借金も返せてなくて救いようがありませんでした。

 

詳しくは過去の記事にも

書きましたので省略します。

 

心がボロボロに近づいてきたときに

たまたまyoutubeチャンネル

大愚さんの一問一答に出会いました。

 

 そこに投稿されている質問には

自分よりも明らかに苦しんでいる人の投稿がありました。

 

その投稿者の内容を一言一句読み大愚さんがその悩みに対して

仏教の言葉に乗せて寄り添っていくという内容です。

 

私が特に印象に残っている言葉があります。

 

現成公案(げんじょうこうあん)

今ある苦しみを拒まず

ありのままを受け入れることで

人生は輝きだす。

 

例え苦しみがやってきたとしても

それを受け入れるだけの

度量の大きさがあると思って

受け入れていく。

 

過去は変えられない。

他人と比較して自分はダメだ…

そこに囚われていたら

もっと苦しくなります。

いいことも悪いことも素直に

受け入れてみることから始めましょう。

 

正直自分よりも崖っぷちで

借金が2700万ある人でも

楽しく生きている人はいます。

 

自身もこの様に考えられたのに

2年かかかりました。

 

言葉ではわかっていても

最初はなんとなく物事は進んでいきます。

 

今でも自分でダメだな…と

感じることは沢山あります。

 

あなたを救う禅語を手元に置き

自身の振り返りの為その時に合った本の言葉や内容を見返して

何度も何度も繰り返し言葉に出して見たりノートに書いたりしていました。

 

言葉は不思議ですね。

自分がどういう言葉を拾い

どんな言葉を信じるかで

今後の未来も左右する重要性を知りました。

 

地道にコツコツ積み重ねた結果

今があると思っております。